前へ
次へ

賃貸管理を適切に行ってもらうために

賃貸物件を借りたあと、数年程度して、最初に伝えた要求が通ることがあります。業者のなかでも基準があり、借り主が一定金額を満たせば取り合ってくれるということがあるようです。賃貸管理のうち修繕費用は借り主が支払う必要がないため、オーナーに連絡をして直してもらえるか聞く、ということができる場合にのみ可能です。最近では、オーナーから直接、設備が壊れた場合の連絡先の指定があり、賃貸契約書に記載されているケースもあります。貸し主と連絡をとることによって人件費が発生しやすくなるため、嫌がられる傾向にはあるようです。賃貸管理は賃貸物件の価格が高ければ高いほど管理がいきとどいていることが多いようです。ただし、貸し主は借り主と連絡を取りたがらないことがほとんどだという認識を持って行動した方がよいでしょう。同じ土地でも家賃が2倍する、というようなことが多々あるのですが、曰く付き物件か、不良物件か、見据えて判断することも大切です。

Page Top