前へ
次へ

賃貸管理(委託管理について)

賃貸管理には、大きく分けて3つの種類があります。自己管理、委託管理、一括管理の3種類です。その中でも委託管理について詳しく説明させていただきます。賃貸管理において委託管理とは簡単に言うと、管理における業務の一部、もしくは全てを管理会社に委託することを言います。業務の内容は大きく分けて2つあり、入居者に対する業務(賃貸借契約の締結、賃料の回収、クレーム・要望対応、退去に伴う業務など)、建物に対する業務(共有部分の清掃・保守、法定点検などの手続き、設備の定期点検、建物全般にかかる修繕計画、建物に対する要望への対処、退去後のリフォームなど)があります。今、列記した業務はほんの一部でしかありません。そう考えるとなかなか賃貸管理も大変そうに感じられるかと思います。それに対応するサービスが委託管理です。委託管理の中でも様々なプランがあり、ご自身で対応可能なものや対応しておきたいものは契約の時に除外することをおススメします。せっかく委託するのに除外するのはと思われるかと思いますが、費用を浮かすコスト面と、入居者を把握し一定の関係性を保つという安心面が大きな理由です。委託管理会社も様々なオーナー様と様々な建物の管理をしているので、遠慮なく相談して最適な契約を結んでください。

Page Top